ブログ

フランス風住宅を選ぶ魅力とは?

雑誌や映画に出てくるフランスの街並みや建物は美しく、昔ながらのような懐かしい雰囲気を醸し出しています。日本とは味わえない風合いと美しさに魅了する方や現地へ旅行で出向き、フランス風の住宅を建てたい・こんな街並みに住みたいと思われた方もいるでしょう。

そこで今回、フランスを彩る魅力的な住宅様式や街並みに隠された秘密をエリアごとにご紹介!

ひとくちに言えないフランスの美しさを堪能してみてください!フランスの大都市であるパリでは、歴史高い建物が並び、おしゃれで華やかさを感じられます。一方、片田舎のエリアでは自然に調和した建物が多く、美しい景色が広がっており、どのように美しい街並みが築かれたのか分かります。

この記事を読むことでフランス風住宅を建てる参考になるでしょう。

フランスのパリの街並みを作り出したルールとは?

パリは花の都と呼ばれ、ホワイトを基調とした石造りの建物が並んでいます。統一感ある街並みの中には、オペラで有名なガルニエ宮 パリ国立オペラやノートルダム大聖堂などの歴史的建造物が並んでいます。独特な街並みを醸し出している理由の一つは歴史的建造物と言っても過言ではありません。

その街づくりには2つのルールがあります。

  • 街路沿いの木造建築禁止
  • 道幅によって建物の高さや屋根の傾斜、外観の規制

ルール1)街路沿いの木造建築禁止

17世紀以前に起きたロンドンの大火事などの影響で、パリでは、街路沿いの木造建築禁止ルールが出されました。そのため レンガ造りや石造りのアパルトマン(マンション)が街を占めるようになったと言われています。

木造建築を禁止する理由は、火事が起きたとき隣に燃え移りやすいからです。この木造建築禁止ルールにより歴史的建造物が守られてきたと言えます。

ルール2)道路幅によって建物の高さや屋根の傾斜、外観の規制

建物の高さが統一され、繋がっているような外観は、均整がとれた街並みが作られたのは、この規制があるからでしょう。たとえばアパルトマンの建物は、7階建てが多く、ベランダは3階と5階のみに設けられています。これも細かい規制に基づいて建てられています。

魅力ある美しい街並みを実現するには、厳格なルールが必要です。日本でも同じようにはいきませんが、フランス風住宅を建てられます。ぜひ、マイホーム購入を検討されている方はパリの石造りやレンガ造りの家づくりをしてみてはいかがでしょうか?

近年では、技術が発展していることもあり素材が石やレンガではなくても石風やレンガ風に外観を作れるようになっています。

片田舎の景観づくりの取り組みは何?

フランスの片田舎の建物は、都市部と同様、隙間がなく建てられており、建物との間には暑さ30センチある壁があります。これを石造境界壁と言われています。石造境界壁によって建物が共有されている状態となっています。

特徴的な片田舎の建物は、2つの理由から作られたと言われています。

  • 外からの攻撃に耐えるため。
  • 建物の外気を防ぎ断熱効果を高めるため。

そのような美しい建物が並ぶ街並みでの取り組みは、電柱を設置しないことです。自然溢れる景観を守るためには必要な取り組みと言えます。

片田舎の魅力的な街並み3エリアの特徴とは?

片田舎として知られているエリアは主に3つあります。

  • プロヴァンス地方
  • アルザス地方
  • コートダジュール地方・エズ

プロヴァンス地方

南欧のプロヴァンス地方は、石積み住宅が並び独特な雰囲気が特徴と言えます。ホワイトを基調としたシンプルな外観はピザ釜を焼いているパン屋さんの印象で魅力的です。

屋根の傾斜を緩くしたことで壁を広く見せ、建物自体を際立てています。壁には漆喰が施され、その後に小さな窓を付けたことから風通しが良くなっているのが見られます。

重圧感のある石積み住宅は、大きな地震が少ない南欧だからこそ見られる建築様式です。そのため古い建物を家主が修繕しながら住み続けており、建物ごろに違った個性が光るのも特徴的となっています。

現在では、石の材質を活かしたモルタルや漆喰で埋める積み上げ様式の住宅も多く存在します。青や緑の窓飾りをしている建物もあり、個性豊かな建物を楽しめます。

アルザス地方

アルザス地方は、フランスの北東部に位置します。カラフルで可愛らしい建物が連なっているのが特徴的なエリアです。スイスやドイツと隣接していることから外の文化が多く導入されています。

建物も文化のひとつで、中世ドイツを彷彿とさせる街並みが多く残っています。壁の骨組みは木材で造られており、その間を石やレンガを入れ漆喰で固められています。この様式を木骨造りと呼びます。

木の組み方も建物により異なることや漆喰にカラフルな色を塗った建物も存在するため個性的な外観が楽しめます。

コートダジュール地方・エズ

コート・ダジュールはフランスの南東部に位置するエリアです。その中にエズ村があります。高台にあるエリアとして知られており地中海を望む美しい景色が望めます。

また、中世の名残がある石畳が美しい街並みを演出しています。

特徴として、村全体の建物が南向きに建てられており、採光性が考えられた作りの住宅になっています。標高が高いエリアだからこそ冬場の北風など寒さにも耐えられるよう環境に合った造りとなっています。

まとめ

フランスには、エリアごとに文化や風土が取り入れられたさまざまな住宅様式があるからこそ美しい街並みを作り出しています。

それぞれの造りには、断熱効果や火災を防ぐために考えられた建物があるため、今後マイホーム購入を検討されている方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ラフェルムオンラインでは、現地さながらの本格的な家づくりをご提案しています。ぜひ一度、ラフェルムの作る「片田舎」を覗いてみてください。

関連記事一覧

PAGE TOP