ブログ

フランスの田舎の雰囲気を取り入れた家づくりを!

フランスの花の都と言われるパリ、ワインで知名度があるボルドー、最大の港湾都市のマルセイユなど魅力的で華やかな都市があります。そのため観光地として多くの方から人気観光地でもあります。

華やかさの一方でフランスには、自然豊かな町もあるのはご存知でしょうか?

美しい山々、湖沿いののどかな町や畑に囲まれた牧歌の里のような街並みが存在します。そこで今回、フランスの田舎の魅力とフランス風の家づくりをご紹介!

ぜひ、これからマイホーム購入を検討されている方は記事を参考にしてみてください。理想の家づくりに役立つ可能性があります。

恋するコルマールとはどんな建物があるの?

フランスの田舎には、誰もが恋するコルマールと呼ばれている町並みがあります。ディズニーやジブリ映画に出てくるようなカラフルな木組みの建物が並び、おしゃれで幻想的な世界が広がっています。

フランス風の家づくりをしたい方は、外観デザインの参考になるでしょう。

コルマールの魅力!

コルマールの中には、プティック・ヴニーズと呼ばれるエリアがあり、イタリアのヴェネツィアを連想されるような建物や石畳の道、運河などに囲まれています。ゆったりした賑やかな空間を感じられる町を味わえます。ここでは、落ち着いたお庭の外構が参考として取り入れられます。

フランスの田舎町では、昼間と夜の雰囲気が異なります。それぞれの家から漏れ出した光が幻想的な町並みを演出しています。そのため、家づくりの参考にもなりますが、観光でも魅力的と言えます。

花が彩るカイゼルスベルクの建物と村の魅力とは?

2017年にフランス人が好きな村として1位に選ばれたカイゼルスベルクは、外国人観光客だけでなく国の方からも愛される魅力的な村です。中世からルネッサンス時代にかけて建築されたさまざまな木組みの建物が民家として残されています。

漆喰の壁にはめ込まれた木枠の組み合わせたデザインは美しく目が見張るほどです。国内では珍しいことから一軒一軒見学したい町並み風景となっています。

この村では、花も有名です。家庭にゼラニウムなどの花が飾られ温かい空間を演出しています。まるで絵本に出てくるような風景を楽しめます。

人口200人の絵本のようなブブロン村の建物と村の魅力とは?

フランスのブブロン村は人口200人で面積が小さく、村の隅から隅まで30分~1時間で周れます。メルヘンチックな可愛さのある村は、観光地として人気です。

同じ高さの建物を揃えている通りには、四季の花々が飾られ、華やかな落ち着いた雰囲気を演出しています。

この雰囲気を演出できた理由の背景には、1970年代に人口減少が進み、村の存続危機がおきました。その対策として木造建物を他の村から移築したことで絵本のような村が誕生しました。

理想の家づくりでは、思い描いた外観を作るために材料がそれぞれ異なります。フランス風でもどのようなデザインにしたいのか検討すると良いでしょう。

ブブロン村の魅力はなに?

ブブロン村には、フィガロジャパンの雑誌の表紙を飾った雑貨屋さんやおしゃれなカフェなどが並び買い物や食事も楽しめるので、一度観光にいかれてみてはいかがでしょうか。

カイゼルスベルクと同様にお花が建物の外観に飾られていたり、建物の前に飾られていらりすることからおしゃれな自然豊かなカフェの雰囲気を楽しめます。

石造りのヴィルフランシュ・ド・コンフラン 村の建物と魅力とは?

村の全体が城壁で覆われている歴史あるヴィルフランシュ・ド・コンフランは、石畳の狭い路地が特徴的な村です。ピレネー山脈の入口に位置する小さな村として知られています。建物と建物の間から望める岩山や木々が村に開放的な印象をもたらしてくれています。建物の外観は細かい岩の模様と洋風を備えたおしゃれなデザインです。

なぜ観光客から人気があるの?

建物街には、レストランやお土産屋さん、ワイナリーなどさまざまな店舗が入っています。散策しながら食事や買い物が楽しめます。また、それぞれのお店の看板は絵で表されており、絵本で間違え探しをするようなゲーム感覚で観光できるのも魅力と言えます。

美しい港町のバルフルールとは?

英仏海峡に突き出すコタンタン半島の北東端のバルフルールは、人口600人もいない小さな港町です。ヨットや漁船が集まり活気が溢れた地域となっています。中世にイングランドへ渡るための出発地のひとつでもあります。漁業で賑わいが止まない港町の雰囲気は観光客や地元の方からも人気です。

バルフルールの建物の魅力とは?

漁業を営んでる方が多く住んでいるため素朴なレンガ調風の民家が多く建ち並んでいます。エリアごとに異なる色合いや高さ、デザインがバラバラなことからフランス風の外観を導入したい方は参考になるでしょう。

また、17世紀に建築されたサン・二コラ協会は、村の中で存在感を放つ美しい様式となっています。

世界遺産で有名なベルカステルとは?

ベルカステルは、サント・フォワ修道院とドゥドゥ川に架かる橋が世界遺産に登録されていることから全世界から観光客が来ています。人の手が加わっていない村は自然の美しさが魅力的となっています。

村の中を流れるアヴェロン川は、草木の緑が石造りの建物とマッチしています。

ベルカステルの建物の特徴とは?

丘にたたずむ石造りの建物は、洋風でありながらシックな外観となっています。古い面影のある建物は、親しみやすく落ち着いた雰囲気を演出してくれるでしょう。

山の斜面に家を建てたい方や斜面がある土地を持っている方でマイホームを建てる場合は、どのような建て方をするのか参考になるでしょう。

まとめ

フランスの田舎には、他の国では味わえない温かい素朴な町並みを実感できます。この魅力は、建物の素材を生かした風合いや佇まいと言えます。

ぜひ、フランス風の建物やレンガ調、石造りの外観に興味ある方は一度フランスへ行ってみてはいかがでしょうか?より良い家づくりの参考になることと、素晴らしい思い出となることでしょう。

ラフェルムオンラインでは、そのような現地さながらの家づくりを叶え、理想の暮らしの実現をお手伝いしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

PAGE TOP