ブログ

失敗しない土地探しとは?住宅会社に依頼するメリットと希望にあったおすすめの立地を紹介!

マイホームを建てる際、多くの方は土地探しから始めます。しかし、物件探しは必ず上手くいくものではありません。理想のマイホームを建てるためには、土地の形状や建てられる面積をチェックし、購入しなければならないため失敗するリスクが潜んでいるのです。

そのため、理想が実現できる土地探しが必要となります。探し方は、不動産会社に依頼して探す、工務店などの住宅会社に依頼して探す2つの方法があります。

そこで今回、住宅会社に依頼して探すメリットと、不動産会社で探すと失敗するリスクが高まる理由、希望にあったおすすめの立地を紹介!

ぜひ、マイホーム購入を検討している方は記事を参考にしてみてください。

土地探しを不動産会社に依頼するリスクとは?

不動産会社は、土地やマンション、一戸建て住宅(建売り)などの物件を取り扱っていますが、注文住宅を専門とはしていません。

  • 土地に対してどのようなマイホームが建てられるのか。
  • 間取りに成約があるか。
  • 地盤がどのようになっているのか、補強が必要なのか。

これら3つは専門外のため注文住宅を検討されている方にはおすすめできません。不動産会社で土地を購入後、理想のマイホームを建てるため工務店などに相談に行くと地盤補強工事などが必要となり、予算オーバーしてしまう可能性もあります。

そうすると、理想の間取りを諦めなければならないケースが出てくるため、土地探しは、注文住宅を取り扱っているハウスメーカーや工務店などの住宅会社に依頼すると失敗リスクを軽減できるでしょう。

住宅会社に依頼するメリットとは?

メリットは2つあります。

  • 資金計画が立てやすく、予算オーバーを防ぐことが可能!
  • 理想のマイホームにあった土地探しができる!

資金計画が立てやすく、予算オーバーを防ぐことが可能!

理想のマイホームを建てる際の予算は土地+建物+諸経費の総額で検討しなればなりません。そこで費用を抑えようとインターネットで物件を探す方も多くいます。しかし、本当に理想のマイホームがその土地に建てられるものなのか、どれくらいの費用がかかるのかわからないため予算が足りるのかがわかりません。

そのため注文住宅をお願いする住宅会社に依頼することで、建物にどれくらいの費用がかかり、土地のかけられる土地の費用が明確になります。

土地には建てられる建物の面積が建築基準法で定められているため、理想のマイホームの面積に合った土地探しができます。

また、住宅ローンを組む際、土地購入を単独で決め、住宅会社を探す場合、予算オーバーすることが懸念されるため審査に通らない可能性が考えられます。

理想のマイホームにあった土地探しができる!

土地には、主に7種類あります。

  • 農地のため農地転用申請と埋め立てなどの工事が必要な土地
  • 隣地や道路との高低差があり、盛土工事することで建築可能。
  • 水道や電気、ガスなどのインフラが整備されていないため配管工事などをしなければならない物件。
  • 地盤が強化しなければならない土地。
  • 各規制地域に該当する土地で建築確認に伴う申請を行うことでマイホームを建てられる土地。
  • 境界線が明確になっていないため、境界確定測量を行わなければならない物件。
  • 建物を建てられる宅地。

このような土地の種類があるため素人では、どれくらいの費用が発生するのかなどが把握できません。そのため住宅会社で土地探しすることで、理想のマイホームにあった物件を探し、予算内に収めることが可能なのです。

希望にあったおすすめの立地とは?

おすすめの土地は5つあります。

  • 南側が低く、北側道路の土地
  • 南北に長い北側道路の土地
  • 旗竿敷地の土地
  • 西側接道の土地
  • 東側接道の土地

南側が低く、北側道路の土地

南側が低くすることで見晴らしが良いマイホームを実現することが可能となります。南側に道路があると見晴らしが悪く、玄関などを設置することから限られた面積に開放部を設けることからおすすめできません。

そのため南側が低く、北側道路の土地を選ぶことで、玄関を北側に設け、南側に開放的な空間を作ることが可能となり、見晴らしが良い開放的な空間を実現できます。

南北に長い北側道路の土地

庭で人目に付かずBBQやガーデニングを楽しみたい方やペットが道路に飛び出さないようにしたい方におすすめの土地です。日当たりが確保でき、庭が道路に面しないように家づくりをすることが可能です。

旗竿敷地の土地

隠れ家や料亭の雰囲気のマイホームを建てたい方におすすめです。

一般的に 旗竿敷地は避けられる傾向があります。しかし、プライバシー確保したい方にはピッタリなのです。

西側接道の土地

日中日当たりが不必要な方にはおすすめです。例えば仕事が夜勤の方や日中家にいない方は日当たりがない方が暮らしやすい可能性が考えられます。

ただし、日当たりが良い南側などにバルコニーや洗濯ルームを設け、洗濯物が乾きやすい環境を作る必要性があります。また、日当たりがないことで通気性が悪くなるため換気扇を付けるなど対策が必要です。

東側接道の土地

朝日を浴びて健康的に目覚めたい方にはおすすめです。

まとめ

理想のマイホームを建てるためには、希望する条件や間取りに合った土地探しが必要となります。一概に良い土地とは?と思われる方もいますが、それは、建てたい建物の間取りや希望条件によって変わるのです。

そのため、まずは、土地探しをする前にどのようなマイホームを建てたいのか、立地条件があるのかを検討し、住宅会社選定しましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP