ブログ

土地選びするなら北側道路がいい?おすすめな理由を徹底解説!

家づくりでは、所有する土地を持っていなければ土地探しから始まります。立地条件や形状は物件によってそれぞれ異なるので理想の土地を探すのも時間がかかります。
とくに家づくりでは日当たりやプライバシーに関わるため、土地に接道する道路が北側・南側どちらに位置しているのかが重要になります。

日当たりよく、人気がある南側の土地では、価格が高く予算に合わない理由で家を建てることを諦める方もいます。
しかし、南側道路は道路から家が丸見えになるデメリットもあります。

そのため南側道路だけでなくプライバシー確保ができる北側道路もおすすめです。
今回、見過ごしがちな北側道路の土地のメリットとおすすめ理由を徹底解説!

ぜひ新築一戸建ての購入を検討している方や注文住宅を建てようとしている方は記事を参考にしてみてください。

南側道路と北側道路の価格が変わる理由とは?

土地の価格は、どの方角が道路に面しているのかが大きく影響します。
価格が高い理由として2つあります。

  • 日当たりが良い。
  • 北側に玄関がある間取りにすることで、陽の当たる気持ち良いLDKの間取りができる。

家族団らんを過ごすリビングダイニングは、広めに取ることが多く、明るく開放的なスペースが好まれます。
そのことから北側道路の物件は人気があります。

そのため不動産物件を売買する不動産会社では売りやすいため高い価格設定がされています。

南側道路のメリットとデメリットは何がある?

メリットは、2つあります。

  • 日当たりが良い
  • 気持ち良いLDKの間取りができる。

陽が差し込むLDKは、気持ちがよく空間を広く見せてくれます。

一方、デメリットは3つ挙げられます。

  • 道路の通行人から目が付きやすい。
  • 道路とお庭が隣接し、子どもやペットが飛び出してしまう危険性がある。
  • 南側に玄関を配置することになるため、部屋が暑くなりすぎる場合や限られた設計になる可能性がある。

道路の通行人から目が付きやすいのは、防犯に効果がありますが、南に設けられた窓やお庭、バルコニーなど通る人から丸見えになります。そのため窓やカーテンを閉め切ってしまう傾向があります。

道路とお庭が隣接している場合は、日当たりを優先してしまうとフェンスなどを設置できず子どもやペットが道路に飛び出してしまう危険性が考えられます。

また、南側に玄関を配置することで、北側隣地との兼ね合いで前後からの建築制限(斜線制限)を受け、間取りが限られる可能性が考えられます。

そのため土地選びでは、メリットだけでなくデメリットをお理解した上で選ぶことがおすすめです。

北側道路のメリットとデメリットは何がある?

北側道路のメリットとして4つ挙げられます。

  • 物件価格が安い。
  • お庭を南側に配置できるため、子どもやペットが道路に飛び出す危険性の回避ができる。
  • 窓やベランダなどを南向きに配置できるため、プライバシー保護に繋がる。
  • 玄関を北向きに配置でき、南側に多くの居室用スペースができる。

このようにプライバシー確保ができ安心して暮らせる環境を得られます。
ただし、通行人からの視線がなくなることで防犯性が欠けることもありますので注意が必要と言えるでしょう。

一方デメリットは、1つです。

  • 日当たりが悪い

日当たりが悪いとは言え、必ずしもそうではありません。

理由は、物件はそれぞれに立地や形状が異なるからです。
南側の敷地が低い場合、北側道路の物件であっても十分に日当たりを確保することは可能です。
そのため土地の周辺に高さのあるマンションや住宅などが建っていなければ日当たりが悪くなることがないケースもあります。

土地選びをする際は、標高と同じく形状や周辺環境を確認しましょう。

日当たりの確保は間取りで工夫できる?

土地が接道がどの方角であっても日当たりの確保は間取りを工夫することである程度、確保できます。
その方法として

  • 2階以上にLDKを設ける。
  • 南側に吹き抜けを取り入れる。

2階以上にLDKを設けることで隣接する建物との距離が近くても採光を持たせることが可能となります。
また、南側に吹き抜けを取り入れることで2階の窓からLDKに光を取り込めます。

新築一戸建ての購入や注文住宅を建てようと検討している方は、設計士と一緒に土地選びをしましょう。土地を購入してからでは、間取りが限られてしまうケースがあり後悔してしまう場合も考えられます。

まとめ

土地を選ぶ際、日当たりも重要ですが家族構成やライフスタイル、予算などを考え北側道路の土地がいいのか、南側道路の土地がいいのかを判断するといいでしょう。

また、自分だけでなく専門知識を持った設計士や工務店の担当者と相談することで気づけなかったことや理想の間取りが実現できる土地のアドバイスを貰えます。

関連記事一覧

PAGE TOP