ブログ

夢の一戸建て住宅!気になる借入額は年収500万円でいくら?

夢のマイホームの価格は、2,000万円から4,500万円程度が平均だと言われており、一生に一度の買い物であると言われています。これだけ手にしたことのない金額となると相場価格や年収に対してどれくらいローンが組めるのか不安になりますよね。

そこで今回、気になる借入額は年収500万円でいくらなのか、住宅ローンの種類はどのようなものがあるのかを解説!

ぜひ、これから不動産物件を購入しようとしている方は、記事を参考にしてみてください。

一戸建て住宅を購入できる年収はどれくらい?

夢のマイホーム購入の際、気になるのがどれくらいの年収があれば不動産物件を購入できるのか、家を建てられるのかだと思います。住宅ローンは返済比率などから年収によっていくら借りられるのかある程度定められています。
また、信用情報や財産状況などによっても借入額は異なるため必ず借りられるわけではありません。

あくまでも目安となります。

これらはフラット35といって35年ローンを組んだ場合、融資金利1.3%、返済方法を元利均等にて計算した場合の借入額の目安となります。金利は、固定ではないため反動の可能性があります。


フラット35の場合、借入金額の上限が8,000万円のため、年収1,000万円であっても借入可能金額が固定されますので注意が必要となります。

また近年インターネットで簡易的な借入可能額診断や返済額シミュレーションができるサイトが多くあります。
ぜひ、そのサイトを活用してみてください。

一戸建て住宅を購入するにはどうすればできる?

不動産を購入する際、住宅会社選びから始め、土地探しや間取り、外観の打ち合わせをしてきます。
こんな間取りにしたい、これくらいの広さのリビングが欲しいなど多くの人は理想があふれ出してきます。
しかし理想を実現するには、資金が必要であり、そのコストには上限があります。

そこで失敗しない家づくり例として2つ挙げられます。


・必要なものを付けすぎてあとから返済額が高く後悔する。
・使い勝手よりおしゃれなデザインを優先して設計してしまい実用性がない。

このように金額を考えず理想を優先してしまうと後から毎月の返済に困ります。
また、使い勝手よりデザインを優先してしまい、実際の生活で住みにくさが生じる可能性も考えられます。

そのため、失敗しない家づくりのためには、理想を整理して優先順位を付けることが重要なポイントです。
優先順位を付けるポイントとしてSNSやホームページなどで不動産を購入する際のコツや気を付ける点などチェックするといいでしょう。

ここで注意点としては、これはいい、こんなデザインが流行りです!など担当者から勧められたままに取り入れてしまうことです。
理由は、人それぞれにライフスタイルがあり流行りだからといって実用性があるかは人それぞれ異なるからです。

また、友達や知人、親戚などが一戸建て住宅を建てたからといってその人の話を鵜呑みにしてしまうと、標準設備と思っていたものが実際は違ったといった場合もありますので注意しましょう。

一戸建て住宅を建てる際の返済はどれくらいがベスト?

住宅ローンの返済割合目安は一般的に年収の25%と言われています。

金銭的な余裕があれば毎月の返済額を多めにして返済期間を短くすることも可能です。しかし、これから先、大きな病気で手術が必要で多額のお金が必要、子どもが私立や専門学校に行くことになり学費が必要といった場合も考えられるため25年から35年の長期住宅ローンを組むことをおすすめします。

住宅ローンは大きな金額を金融機関や自治体から借入れるため借金すると同じことです。そのため、多くの人が支払っていけるのか、生活ができるのか不安を抱くと思いますが、賃貸アパートやマンションの家賃と一緒です。

賃料は、その賃貸に住んでいる以上発生するため、支払いに終わりはありません。高齢になったとしても家賃の支払いは続きます。一方、一戸建て住宅の場合は、ローンが完済すればメンテナンス費用と、固定資産税のコストで住み続けることが可能となり、資産として子どもたちに残せます。

そのため35年ローンと聞いて躊躇する人がいますが、家賃と同じと考えて見ましょう。
仕事上で1カ所に落ち着けない事情がある場合でも、最近では価値のある物件を購入して売却するなど損をしない購入方法を選んでいる人もいます。

一戸建て住宅を購入する際の住宅ローンは返済額から考える。

住宅ローンを組む際に大切なのは毎月返せる金額の借入することです。
毎月返せる返済額の目安として現在の賃貸賃料(家賃)と考えるといいでしょう。

理由は、不動産物件には、固定資産税やメンテナンス費用が別途かかるからです。そのため返済額だけでなくこれからかかる税金やメンテナンス費用などの将来的なお金を含め考えなければなりません。

これらを考えてしまうと実際にイメージがわかない方や不安が募る方が多くいます。その場合は、専門家のファイナンシャルプライナーなどに相談することをおすすめします。

頭金はどれくらい払うの?

頭金の一般的相場は購入物件価格の1割から2割を支払う人が多くいます。
そのため先述で記載した、住宅ローンを組んだことで大きな金額の借金のため生活に不安を感じる人は、多く頭金を入れる傾向があります。

それは、借入額をすこしでも減らしたい考えからですが、あまりおすすめできません。
理由は、家を建てる上で頭金のほかに手付金や新しい家具費用、引っ越し代などが必要となるからです。
その費用は、自分の予想を超える金額の可能性もあるため手持ちを持っておきましょう。

一戸建て住宅を購入する住宅ローンの種類とは?

一般的な住宅ローンは、住宅金融支援機構や金融機関、自治体で借入するものです。
借入には、金利が付きます。その金利には3種類あります。

・変動金利型

・固定金利期間選択型

・全期間固定金利型

変動金利型は、5年ごとに金利の見直しがされ返済額を見直す方式です。
返済額に対しての割合上限は1.25倍です。
ただし1.25倍を超えた額が免除されると思いがちですがされません。
繰り越される形となりますので正しく認識しておきましょう。

固定金利期間選択型は、期間を限定して金利を固定させる方式です。期間は、3年、5年、10年とあります。
期間満了した場合は、変動金利または期間選択型を選べます。

全期間固定金利型は、住宅ローンを組んだ時点の金利で支払い続ける方式です。金利が変動しないため返済額が変わりません。そのため安心とも言えるでしょう。

また最近では、証券化ローンが出ています。
証券化ローンとは、住宅金融支援機構が民間の住宅ローン債権を買い取り証券化して投資家に証券を売る仕組みです。この場合の返済方法は、全期間固定金利型と同様となっています。

一戸建て住宅の住宅ローン返済例

実際にどれくらいの借入して毎月の返済などいくらぐらいになるのかを紹介!
ぜひ、目安として参考にしてみてください。

年収550万円のファミリー(ご主人35歳、奥様32歳、子ども4歳)

毎月返済額(ボーナス払い無し)

毎月:106,733円
年間:1,280,796円
返済総額:44,827,860円

3,600万円の内600万円分をボーナス払いとして負担した場合

毎月:88,944円
ボーナス月の返済額:106,961円
年間:1,282,250円
返済総額:44,827,860円

年収380万円ファミリー(ご主人様28歳、奥様26歳、子ども1歳)

毎月返済額(ボーナス払い無し)

毎月:86,572円
年間:1,038,864円
返済総額:36,360,240円

2,920万円の内520万円分をボーナス払いとして負担した場合

毎月:71,155円
ボーナス月の返済額:92,699円
年間:1,039,258円
返済総額:36,374,030円

まとめ

一戸建て住宅の購入は人生の中で大きな買い物です。しかし家を建てるのは初めての経験のため何からしたらいいかわからない人が多くいます。

そのためまずは資金の確保が必要となります。資金がなければ理想のマイホームを建てることもできません。また、建てるだけでは意味がありません。建てた後も返済に困らず維持できなければ売却の際にオーバーローンという借金が残ってしまう可能性も考えられます。

多くの住宅会社では、予算金額を指定してお伝えすると、その金額に少し上乗せされ提案されます。その場合は、上限はこの金額ですとストレートに断ることも重要です。しかし多くの人は断れない方が多いため伝える金額を低めに伝えるといいでしょう。

関連記事一覧

PAGE TOP