ブログ

プロが教える家づくりで失敗しないためには?知っておくべきこと紹介!

パートナーとの結婚や子どもが保育園や小学生に上がるタイミングでマイホームを建てる人が多くいます。
家の購入は、人生において最大の買い物の一つです。

大きな決断をした多くの人は初めての経験であるので正しい判断や家づくりなのかわかりません。
実際に、理想の家だと思って作っても、知識やリサーチが足りず公開する場合もあります。

今回、家づくりで失敗しないために知っておくべきことを紹介!
初めてのマイホームづくりやリフォームを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

家づくりを成功させるポイント3選!


夢のマイホームづくりは、いろんなライフスタイルや健康を考え、判断していくのが必要です。
その中でも、理想の家づくりを成功させるためのポイントが3つあります。

・土地選び
・建物の間取りや構造
・お金

土地は、家を建てるためには必須です。
その敷地には建ぺい率と容積率とあり建物が建てられる範囲が決まっています。

建ぺい率とは、敷地に対する建築面積割合のことです。
容積率とは、敷地に対してどれくらいの空間を利用できるかです。
この2点により理想の家づくりが平屋なのか思っているデザインに仕上げられるのかなどがことなるでしょう。
土地を購入する際は、家が建てられる割合、空間割合に注意しましょう。

建物の間取りや構造は、ライフスタイルに直結します。
マイホームに住む家族の生活によって、どのような間取りにするべきか考えましょう。

お金は、不動産を購入するうえでもっとも重要です。
理想の土地や建物を手に入れるためには、資金がないとできません。
また、予算がなければ理想の家づくりはできないのです。

これら3つのぽいんとは掛け算では成立せず、掛け算によって成立します。
土地×建物×お金
どれか一つでも欠けてしまえば、理想の家を作り上げられません。

プロが教える失敗しない家づくりの順番とは?

先述では家づくりに欠かせない重要なポイントをお伝えしました。
3つのポイントのうち、最も優先的に考えなければならないのが「お金」です。
なぜならお金がなければ土地を購入して建物を建てることさえできません。

お金を基準に計画を立てないと、購入したマイホームを手放さなければならない事態に陥る場合があります。
具体的な家づくりの失敗のケースとして3つ挙げられます。

「マイホームを手に入れたのに家計がかつかつで幸せではない」
「思っていた家づくりと違った」
「マイホームを手放さなければならない」

家づくりに失敗したときの代償は大きく後から安易に修正できるものではありません。

また、資金を考えず家づくりを進めてしまうとマイホームを手に入れることさえもできないケースに陥ります。

・理想の土地を購入したけど、建物に使用できる資金が少なく気に入った住宅メーカーに頼めない
・住宅メーカーに依頼したが、土地予算が限られてしまい希望の立地条件が見つからない

このように、土地や建物などの「理想」から家づくりをすると、なかなか思い通りにいかない可能性があります。
そして家づくりに疲れてしまい、家族間で言い合いの基になってしまうのです。

理想の家づくりを失敗しないためにも資金計画を立て、今だけでなくローン返済期間間のライフスタイルを考えましょう。

家づくりの基本!お金から考えるポイントとは?

家づくりをするといっても初めてするので「何から考えたらいいかわからない」人が多くいます。

・お金の何から考えたらいいのか。
・どのように計算すればいいのか。

理想の家づくりを実現するためにお金から考えるポイントを解説!

毎月の住宅ローン支払い希望額から決めていく

家づくりでもっとも重要なポイントは、毎月支払っていく住宅ローンの返済額です。
この額は、家計がマイナスになるような購入すれば、いずれマイホームを手放さなければならない可能性が高まります。
また、専業主婦や不要内のパートで働いていた妻や夫がフルの正規社員として働かなくてはならなく、喧嘩する回数が増え、家庭崩壊といった場合もあります。
そのような事態を防ぐためにも、毎月の住宅ローン支払い希望額から逆算して予算総額を決めることが大切です。
決して、住宅ローンを組む総額金額を先に決めるのではありません。

予算総額を決めるにも順番があります。

1.毎月の住宅ローン支払い希望額を決める

家を建てようと検討したら、はじめに住宅ローンの月々の支払金額を決めます。
毎月の収入の中でどれくらいの支出であれば可能なのか、家計ギリギリではないラインで決めましょう。
すると、住宅ローンの借入可能額がでてきます。

次に自分の収入で借入ができるのか、無理のない返済額かを計算していきます。
この時家計の収支のバランスが取れ、自分だけの収入ではローン審査が不安なときは、同居するパートナーや両親と共同名義で住宅ローンを組むなどローンの組み方を考えましょう。

ローンの種類や審査の不安な人は、工務店やハウスメーカーなどの営業担当者に正直に相談すると、的確なアドバイスが貰えます。

2.頭金を決める

家づくりだけでなく車を購入する際にも言えることは、全額をローンで工面するのではなく、頭金を少しでも用意することが今後、余裕のある資金計画につながります。
一般的な資金として全予算の5パーセント~10パーセントをまかなうといいでしょう。
頭金の割合が多ければ、金融機関によって金利優遇制度が受けられる可能性があります。

3.援助金を確認する

家づくりをする中で、両親や祖父母などの親類から援助を得られる可能性があります。
その場合、住宅購入時には、相続税や贈与税などの税金面で優遇制度があります。
援助金を得られるときには、税金制度を最寄りの市町村などにお問い合わせしましょう。

さいごにこれらを加算した総額が家づくりの予算総額です。

まとめ

家づくりで失敗しないために知っておくべきことは、お金から考えることです。
マイホームを建てるにしても、賃貸アパートやマンションを借りても毎月のローン返済や賃料の支払いはやってきます。
そのため、収支のバランスを考えなければなりません。

楽しい新居生活スタートのためにお金から考えましょう。
これは、一戸建ての住宅ローンだけでなく、リフォームローンでも同様のことが言えます。
借りるときだけでなく、完済する年数の間、ライフスタイルにいかなる変化が生じても支払える金額を設定しましょう。

どうしても家づくりで迷ったときには、プロを上手に頼って、積極的に相談することがおすすめです。

関連記事一覧

PAGE TOP