ブログ

新型コロナウイルスの影響でマイホームが建てられない?ウッドショックへの対策と取るべき行動とは?

新型コロナウイルスによる影響は、世界各国で出ています。その影響は住宅業界にも出ており、各国の金融緩和策などにより、一戸建てを建てる人が多くなり、木材が不足する事態になっているのです。そのため日本でもマイホームが建てられなくなる可能性があります。

今回、ウッドショックと呼ばれる木材不足の背景と日本に及ぼす影響とはなにか、代替えに使える木材はないか、施主が取るべき行動とはなにかをご紹介いたします。

ぜひ、これから家づくりをされる方、もしくは施工が遅れている方は記事を参考にしてみてください。

世界的なウッドショックの背景とは?

ウッドショックとは、世界各国で新型コロナウイルスの流行により、輸入木材が価格高騰をしたことを言います。

世界的な木材不足の背景はおもに3つ挙げられます。

  • 各国で金融緩和策を講じたことで、在宅需要が増加し、人口の多いアメリカや中国などで一戸建て住宅に対する注目が集まった。
  • 外出自粛による巣ごもり需要で、木工DIYする人が多くなった。
  • 住宅建築を安価な輸入材に頼り切ってしまっていた。

中国とアメリカへの航路が集中しており、ヨーロッパから日本へのコンテナが確保ができない状況と運賃の大幅な上昇がウッドショックの原因と言えます。

世界的なウッドショックの日本の影響はどれくらい?

日本の家づくりで使われている木材は外国産の集成材が多く、原料となるヨーロッパの木材が入りにくくなっています。

林野庁の公表資料を参考に前月比と前年同月比を見ると減少しています。

集成材輸入量

  • 前月比 +1%
  • 前年同月比 -29%

7万㎥も減っています。

構造用集成材

  • 前年比 -1%
  • 前年同月比 -29%

6万㎡減っています。

輸入量の前年同月比較すると4か月連続で減少しており、影響の大きさや長期化するリスクがあります。

輸入原料の不足の影響により、国内のプレスカット材工場でも受注を制限しており、住宅市場に供給されるプレスカット材が減っています。

そのため、国内で構造用集成材生産量の80%程度を占めている「日本集成材工業協同組合」の3月の発表のデータでは、これまでにないほど価格が高騰していることと、入手困難になっている状態が見受けられます。

代替なる木材の種類と特徴とは?

構造用集成材

構造用集成材とは、建物を作る際に柱や壁、土台や床板、屋根板などに使われる木材のことを言います。

建材などに用いられる構造用集成材は、農林水産省のJAS規格によって接着性能や強度性能、ホルムアルデヒド放散量などの明確な基準が決められており、品質基準にクリアしたものだけとなっています。

その基準のひとつに断面の大きさがあります。


●大断面集成材:短辺が15cm以上、断面積が30cm2以上のもの。
●中断面集成材:短辺が7.5cm以上、長辺が15cm以上のもの。
●小断面集成材:短辺が7.5cm未満、または長辺が15cm未満のもの。 

強度等級では、たわみにくさの指標や曲げ強さの数値が高いかなど検査されている木材です。

集成材

ひき板と呼ばれる小さくカットされ、乾燥した木材を木目方向と平行して集成し、接着剤で貼り合わせた木材を集成材と言います。

つまり人口的につくられた木材です。

集成材の特徴は、一本の木から切り出しておらず、小さく切り分けた木材を貼り合わせているため、形状やサイズなど自由に選択できる点です。

無垢材

無垢材とは、1本の丸太からカットして作った木材のことです。

特徴は、接着剤などの化学物質を使われておらず、天然素材であるため木そのものの温もりややさしさを感じられる点です。

ただし、価格が高いため、建築費が嵩むデメリットもあります。

新型コロナウイルスの影響を受け、国産木材や無垢材が使用されている一方で、在庫がなくなり始めている問題も発生しています。

かつてない価格高騰とは?価格推移の想定

木材の価格高騰により、住宅の建築価格も上がっている会社と維持しているメーカーがあります。

  • 坪単価5,000円~15,000円ほど上昇
  • 建売価格3%ほど上昇

新型コロナウイルスの影響による一時的なウッドショックは2022年9月まで続くと予想されています。そのため、価格もその頃には落ち着きを取り戻すと予測されます。

ただし、トイレの便器が品薄になったり、キッチンの一部の部品が入ってこなかったりする現象はしばらく続くでしょう。

そのため見通しが立てられないのが現状です。

マイホームを検討している人の懸念点とは?

ウッドショックや水回り設備の納期により、建築後期のズレの影響が考えられます。

着工されて、建築が進んでいる場合は木材は確保されている可能性が高いですが、設備はそうでない可能性も考えられます。

また、一部のハウスメーカーや工務店では建築価格の高騰に伴い、100万円~200万円ほどの価格上昇をしている会社もあります。

そのため、家づくりの予算と予想していたスケジュールで建てられない可能性があるため、あらかじめ余裕をもった計画を心がけましょう。

施主が取るべき行動とは?

現在、建築されている状態で中断となっている場合は、1週間に一度、もしくは10日に1度に住宅メーカーの担当者に状況を確認しましょう。

また、常に情報リサーチを怠らず、水回りのトイレの入荷はリフォーム会社などであると聞いた場合には、住宅メーカーと相談し、購入しても良いのか、その分の費用はどうなるのかなど交渉をしていきましょう。

これからマイホームを建てられる場合は、余裕をもったスケジュールの設定と、現状の住宅メーカーの在庫状況など営業担当者から聞いておきましょう。

事前に確認しておくことで、急いで建てるべきか、延期すべきかの判断はできます。ただし、これから新たなウイルスによって、価格が現在より高騰することもあり得るため、慎重に検討しましょう。

まとめ

新型コロナウイルスの影響の範囲は、住宅業界ならずさまざまな分野に及ぼしています。

そのため家づくりの予算が上がったり、工期の遅れが起きたりするため、余裕を持った計画を立てることが重要と言えます。

ウッドショックのため、無垢材などの自然素材を取り入れる人が多くいますが、その分建築費用は嵩むため注意が必要です。

また、価格はもちろん、木材や設備の入荷状況の情報を常にリサーチしておくこともポイントとなります。

ラフェルムオンラインでは、中立的な立場からのオンライン相談をいつでも承っています。「情報は欲しいけど、都合の良い営業はされたくない」という方はぜひご連絡ください。

木材不足による影響についてオンライン無料相談したい方はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP