ブログ

自然素材の家をつくる理由と建てるときのポイントとは?

近年、木の温もりを感じやすい自然素材を使った家づくりが注目を浴びています。その理由は、木材によるストレスや疲労感の軽減、調湿機能や健康被害リスクが抑えられるからです。

コストなどの面でも優れているため、自然素材の家づくりが現在は主流です。

そこで今回、自然素材の家をつくる理由はなにか、後悔しない家づくりで押さえておくべきポイントはなにかを解説いたします。

ぜひ、これからマイホーム購入を検討されている方は記事を参考にしてみてください。

マイホームは、人生の中で最も大きな買い物と言われています。そのため、間取りを考えたり、外観のデザインを行う上で、「失敗したくない」、「後悔したくない」と思う方が多くいます。

建てる前にポイントを押さえてより良い暮らしに繋げましょう。

家づくりでよく聞く自然素材とは?

自然素材とは、人工的なものではなく、自然の素材のことです。よく聞かれるもので無垢フローリングや漆喰などが挙げられます。素材には、化学物質が含まれいないことから手触りなども異なります。

元の性質を活かした家づくりをおこなうことで身体に優しいのは勿論、化学成分を使用していないのでその悪影響を受けないメリットもあります。

また、建物の雰囲気や質感が経年により変わるため、時が経過するごとにさまざまな雰囲気を楽しめるお家になっています。

世界各地でも、石材やレンガなど伝統的な建築物に使われています。

ラフェルムでも、古民家のようなアンティークな家をコンセプトにしているため、自然素材にこだわっています。

自然素材の家づくりを行う理由とは?

理由は2つです。

自然素材の家は、アレルギー対策ができるからです。小さい子どもがいる世帯では、実際に我が子がどんなアレルギーを持っているのか把握できていない方が多いでしょう。

では、実際に人工的な素材の場合どんなリスクがあるのでしょうか?

1、自然素材は、埃やカビ・ダニなどが発生しにくい。

木は、二酸化炭素を吸い、酸素を吐く性質があります。そのため、マイホームに使うことで調湿機能が働き、埃やカビ・ダニなどが発生を抑える効果があります。

2、建材の接着剤にも使われているホルムアルデヒド発散が少なくなる。

アレルギーを起こしやすいホルムアルデヒド発散は、どの建材にも使われています。

規制がされていますが、0ではありません。

人工的なフローリング材と自然素材の無垢フローリングでは、含まれている化学物質の量が異なります。もちろん自然素材を使用することでアレルギーの原因となるホルムアルデヒド発散を減らせます。

後悔しない家づくりのポイントとは?【自然素材編】

注文住宅を建てる際には、素材選びが重要です。そこで自然素材の家づくりで大切なポイントを紹介いたします。

自然素材を使った家づくりのポイントは6つあります。

  • 1、自然素材の特性を把握し、耐久性や劣化対策をおこなう。
  • 2、手入れがしやすいかどうか。
  • 3、防災・耐震制度が見込めるか。
  • 4、湿気などの環境に適しているか
  • 5、費用
  • 6、理想の家づくりに壁材や床材、柱材や塗料は印象と合うのか

1、自然素材の特性を把握し、耐久性や劣化対策をおこなう。

マイホームを建てる際、多くの方が20年~35年の住宅ローンを組みます。そのため長く住み続ける家でなければなりません。

自然素材には、いくつかの種類があり、硬く頑丈な石材や比較的柔らかい木材なども存在します。耐久性や劣化対策がしやすい素材選びをすることが大切です。

また、人工的な素材と異なり自然素材は特殊なコーティング加工が施されていないため、傷つきやすい特徴があります。

そのため、コーティング剤などで劣化を防ぐことができるのか、傷がついてしまった場合の対処法を確認しておきましょう。

2、手入れがしやすいかどうか。

これから何十年と住んでいく家だからこそ、メンテナンスや手入れをしていかなければなりません。

よく使われる無垢材・漆喰壁の手入れ方法は簡単にできます。

無垢材のメンテナンス方法は、木の種類により異なりますが、基本的な手入れ方法は水を使わず、1年に一度ワックスがけます。これは、人工的な素材も同様です。

異なる点は、ワックスを自然素材専用のミツバチワックスなどを使うことでしょう。

漆喰壁の手入れ方法は、一般的に消しゴムを使い、汚れを落とします。手作業のため時間がかかるのがデメリットです。

この作業でも取れない場合は水に濡らしたメラミンスポンジを使用して薄く削り落とすことで綺麗になります。

漆喰壁のメンテナンスだけを聞くと、「家づくりに導入するのはやめよう!」となるかもしれません。しかし、防火性に優れ、消臭効果のあるメリットもあるので慎重に検討してみましょう。

3、防災・耐震制度が見込めるか。

建物を建てる際に大切なポイントは、防災性能と耐震制度です。近年、大きな地震がいつ発生してもおかしくないと言われ、どのように対策するのか、避難するのかが重要と言われています。

しかし、家の中にいた場合、建物が倒壊したり、火災が発生し、燃え上がるのが早ければ避難もできない可能性があります。

そのため、建築業界全体でも防災性能と耐震性能への意識が高まっており、新たな素材や部材を取り入れる取り組みがされています。

たとえば、自然素材で知られている木材は火に弱い側面があります。一方、漆喰は防火性能が高い特徴を持っていることから、素材ごとを上手く組み合わせる必要が失敗しない家づくりのポイントと言えます。

4、温度や室などの環境に適しているか

日本では春・夏・秋・冬と四季があり、季節ごとに温度や湿度の変化があります。そのため素材を選ぶときは、調湿性や断熱性、保温性を備えているものを選ぶのがポイントです。

調湿性とは、湿気を吸って、吐くという効果です。

梅雨時期のジメっとして時期に部屋の湿気を吸い取り、寒い冬場は湿気を吐き出してくれます。そのため快適な湿度を保てます。

断熱性は、外気の暑さや冷気を室内に入れないようにすることです。遮断する性能が高ければ、冷房や暖房の効きが良くなり、光熱費が抑えられます。

保温性とは、室内の温度が冷めにくいことです。真冬の昼間でも適度な温度を保てるよう家づくりを行います。

家はくつろぎの場所であり、快適空間でないと過ごしにくい環境となり、建てた後に後悔します。そのため素材それぞれの性質を把握し組み合わせを行いましょう。

5、費用

注文住宅を建てる際に重要なポイントであるのが費用面です。予算オーバーならないよう素材を選びましょう。

自然素材の中でも稀少性のあるものや、かかる手間により費用が高くつく可能性も考えられます。そのため費用が適切なものなのか調べておきましょう。

6、理想の家づくりに壁材や床材、柱材や塗料は印象と合うのか

理想の家づくりでは、どんな雰囲気にしたいのか、古民家風にしたいのか、洋風にしたいのかで使用する素材や色合いが異なります。

具体的な素材として壁材や床材、柱材や塗料が挙げられます。

壁材には、漆喰や珪藻土、木材などが存在します。

手作り感のある漆喰はフランスの片田舎の建物や洋風の家づくりには最適でしょう。ただし、和風づくりの場合は、間取りや合わせる床材などにより合わないこともあります。

床材や柱材には、ヒノキやオークなどの無垢材が定番です。ここで選ぶポイントは、しっかりと乾燥しているかです。湿気が残っている場合、施工後、形状が歪んでしまう恐れがあります。

また、床材は裸足で歩いたり、家具を配置するため、汚れや傷が出やすくなります。表面の塗料や磨きをどうするのか、見た目と合うのか照らし合わせましょう。

塗料の選び方では化学物質が少ないものを使うことです。製品によってはアレルギーの原因となる物質を発生させるものもあるので注意しましょう。

また、塗料施工後は見た目の印象が大きく変わる可能性も考えられます。

まとめ

自然素材の家づくりにはメリットとデメリットが隠れています。メリットは、アレルギーを気にせず、快適な暮らしができることです。一方、デメリットはコストが高く付くことです。

そのため求める暮らしにより素材を選ぶことが重要でしょう。

自然素材の中でもそれぞれに利点と欠点はあります。それらを把握した上で見た目と機能性を組み合わせ、快適な家づくりを行いましょう。

ラフェルムでは、漆喰や無垢材などの自然素材を活かし、フランスの片田舎にある建物をイメージした家づくりを提供しています。コストやどんな素材を使ったら良いのかわからない方は、相談会やお問い合わせください。これまでに何棟も建ててきたプロが一人一人の状況や要望に応じて案内させていただきます。

関連記事一覧

PAGE TOP