プティ・ラフェルムはシンプルながら表情豊かな漆喰が魅力。その魅力を存分に活かすため外観はすっきりと。陽が沈みかけてくると、絶妙に配置された窓から明かりが溶け出し、素敵な趣きを醸し出します。やわらかで落ち着いた風合いは、日本的な庭とも違和感なくマッチします。和と洋を組み合わせたアイデアが光っています。

素敵なアイデアが湧き出る住まい|Petit La ferme

  1. 空間デザイン
  2. 落ち着きある食卓
  3. リビングに抜ける廊下
  4. 家全体との統一感
  5. アクセントに

木のあたたかさを活かした空間デザイン

室内も漆喰の白をベースとして、木のあたたかさを活かした空間デザインが特徴。天井には、傷跡をつける独自の「カーヴ&スクラッチ工法」を用いたオーク材の梁がアクセントとなり、味わいがプラスされています。大きな窓がこだわりポイントで、リビングソファーとサイズを合わせることで、自慢の庭を眺める特等席のできあがり。ここにも、庭を大切にする施主様のアイデアが込められています。

窓からの光と優しい照明

ダイニングテーブルとチェアも、床や窓枠と馴染む木製のものをチョイス。窓からの光と優しい照明が、落ち着きある食卓を演出します。ご家族での会話も弾む、楽し気な食卓が目に浮かびます。

開放感を重視した広めの設計

リビングに抜ける廊下は、開放感を重視した広めの設計。脇にはちょっとしたテーブルやアンティーク小物が並び、どこか可愛さを感じる空間作り。階段には明るめの木材を使い、広めにスペースを取ることで、ゆったりと登りやすい工夫がされています。

手作りのアンティーク調家具

キッチンには、収納用に手作りのアンティーク調家具を使用。外から見える部分に家全体との統一感を持たせることで、グッと印象がまとまります。キッチンに並ぶボトルもアンティーク調のものを取り入れれば、味わいのある雰囲気がグッと増して、料理がさらに楽しくなってしまいそう。

造作アイアンを取り入れ

照明やテーブルの支え、ドアノブなどのちょっとした部分には、造作アイアンを取り入れアクセントに。黒のシャープさと丸みのあるデザインの部材が、部屋と調和した絶妙なバランスで映えています。

PAGE TOP